採用情報

先輩の声

富田 祐造

営業・設計部 入社15年目

コマツスタイルに惚れこんで
押しかけ入社。
まちの景色になれるような
家をつくりたい。

自然環境にやさしい家づくりが
したかった

大学卒業後、札幌市内の設計事務所に2年間勤務した後、小松建設に入社しました。もともと、太陽光を暖房に使う「OMソーラー」に興味があったので、道内で扱っている会社を探していて、小松建設が自分のやりたい家づくりに近いと思ったんです。いきなり電話をかけたところ「採用予定はありません」と断られてしまって。そこをなんとかと頼み込んでとりあえず履歴書を送り、その後も何度か電話をかけていたら、社長が面接してくれることに。今考えると、若かったからできたことだと思います。環境にやさしい家づくりがしたかったので、どうしてもここで働きたかったんです。入社した頃は設計担当がいなかったので、1年目から実際の設計に携わることができました。当時の営業担当者と一緒に動いているうちに、営業のノウハウも学んだという感じです。

同じ価値観のお客様との
出会いが一番の宝物

お客様とは一生のお付き合いになりますから、同じ価値観を持っているということが大事です。うちのお客様は、コマツスタイルの家を気に入って来てくださる方が多いので、考えが食い違うことは少ないですね。私自身の理想は、できるだけシンプルで飽きがこない家。コンパクトでも快適に楽しく暮らせるような家をつくりたいと思っているので、そんな家を建てたいというお客様との出会いを楽しみにしています。今の目標は1級建築士の資格を取ること。そして、まちの景色になれるような家を1軒でも多く建てることですね。伊達は気候も温暖で自然も豊かです。ニセコやルスツにも1時間程度で行けるので、冬場は仕事が終わってから向かっても、ナイターで2時間くらいは滑れるんですよ。仕事とプライベートの両方を充実させるにはいい環境だと思います。

TOP